スローガン

イベント情報

子どものための舞台芸術創造団体の会とは

 子どものための舞台芸術創造団体の会は、2011年3月11日に起きた東日本大震災により、日常生活が寸断されてしまったすべての子どもたちに向けて、生の舞台芸術を届けようと関係4団体によって結成されたものです。

 私たちは、この大きな災害に対して、子どもたちに笑顔が戻るよう、子どものための舞台芸術を志す芸術家として、できることをしようと、4団体が集まって、「子どものための舞台芸術創造団体の会」を結成し、現地の状況を判断しながら、段階を経た支援を行っております。

 現在、本会の構成団体に新たに2団体が加入し、6団体でチャリティ公演などを実施し、現地に派遣する芸術家の派遣費用を募り、最少人数の慰問団を結成し、人形劇公演やワークショップ、読み聞かせ、朗読、大道芸など、劇団やパフォーマーを派遣し被災地を回っています。

 どうか、本会団体に所属していない芸術家の方々も、賛同していただける時には、様々な形でご協力していただくことがあると思います。ぜひ、支援室までご連絡ください。

 すべての子どもたちに笑顔が戻るまで、私たちは協力して、芸術家にできる支援をしていこうと思います。 改めてご支援の程、よろしくお願いいたします。

構成団体の紹介
日本児童・青少年演劇劇団協同組合
戦後、子どものために演劇を行う専門劇団の全国的な公演活動の広がりを受け、1975年に日本児童演劇劇団協議会(1988年に日本児童・青少年演劇劇団協議会に改称)として設立され、2001年に「日本児童・青少年演劇劇団協同組合」(略称 児演協)となりました。加盟劇団のジャンルは幅広く、舞台劇、人形劇、影絵劇、パフォーマンスなど多岐にわたります。
NPO法人 日本青少年音楽芸能協会

1979年5月に子どものための鑑賞活動に協力・出演していた団体で「日本青少年音楽団体協議会」を結成し、1999年に名称を「日本青少年音楽芸能協会」(略称:青音協)と改め、2000年1月に特定非営利活動法人となりました。多彩で活力にあふれた音楽・芸能文化を創作し公演活動をしているプロの舞台芸術団体によって構成、組織されています。加盟団体は幼稚園、小学校から高校などの教育機関や子ども劇場などで幅広く公演活動をしています。

全国専門人形劇団協議会
人形劇を専門とする劇団等の団体や個人の、志や願いをもとに、それぞれがより豊かに実現、展開できることを願って、情報の交換、経験の交流をしながら、共通の諸問題を考え、専門家としての基盤を整備していこうとする組織です。全国各地でのフェステバル的な取り組みや、研究会、調査活動等の協働を通して、人形劇の普及と芸術性の向上を図り、ひいては現代演劇での人形劇表現の独自性への理解と支持を広げ、あわせて社会的、経済的地位の向上をめざして活動しています。
全国児童・青少年演劇協議会
こどもたちには豊かな心をこどもたちには素晴らしい夢をこどもたちには思い切り自分を大切に そんな思いでいる劇団と劇の好きな人の集まりです。 1960年に、こどもに劇を届けようとする劇団と、先生たちと、アマチュアで劇を楽しむ人たちとが集まって生まれた組織です。大阪で生まれ、全国に広がりました。
社団法人 日本児童演劇協会
1948年(昭23年)創立。1969年、社団法人化。主な公演事業として、「児童演劇地方巡回公演」他。研修プログラム事業として「幼児の劇あそび夏季講習会」「教師のためのワークショップ」「学校への出前授業」他。「日本児童演劇協会賞」「斎田喬戯曲賞」「O夫人児童青少年演劇賞」の顕彰事業。「落合聰三郎児童青少年演劇基金」による助成事業。「劇あそび勉強会」「表現教育研究会」等の各種研究会の開催。機関紙『児童演劇』(毎月1回発行)他、『日本の児童青少年演劇の歩み<100年の年表>』(2005年刊)、教師のための『指導書』他、児童青少年演劇に関する出版物多数。現在、「公益社団法人」に移行申請中。
アシテジ<国際児童青少年演劇協会>日本センター
アシテジ(ASSITEJ)は、世界の児童青少年演劇の向上・普及のために設立されました。
【沿革】
 1965年 パリで設立
 1979年 日本センター設立

【国際会議の開催】
 1985年「国際シンポジウム」
 1988年「第1回アジア児童青少年演劇会議」
 1989年「‘89アジア児童青少年演劇国際シンポジウム」
 1999年「アジア児童青少年演劇国際会議」(東京・沖縄)
 2001年「世界児童青少年演劇会議」(東京)
 2010年「2010アジア児童青少年演劇国際会議」

【フェスティバル】
 1999年「国際児童青少年演劇アジア大会」で「日本縦断公演」

【発刊発行】
 『アシテジ』(年4回)
 『アジア児童青少年演劇ニュース』
 30周年事業『アシテジ日本センターの歩み』発行 等

 

東日本大震災により被災された皆様へ

 東日本大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々に心からのお見舞いを申し上げます。
また被災地の復興に向けて日夜、ご尽力されている皆様に心より連帯のごあいさつを申し上げます。

 さて、私たち4団体は、幼児から児童青少年を対象に舞台芸術活動を専門に展開している、145の劇団や芸術団体です。被災地の子ども達に、私たちの舞台を見ていただくことを通して、心のケアに少しでも役立つことを願って、今回の結成に至りました。

 私たちの舞台は、舞台劇、人形劇、影絵劇、音楽劇、音楽コンサート、舞踊、パントマイム、サーカスショー、寄席、狂言、歌舞伎、マジックショー、大道芸、各種パフォーマンスなど多種多様なジャンルを擁し、劇場、ホール、集会所、学校(体育館)、保育園、幼稚園、野外などで公演を行っています。

 大震災で被災した全ての子どもたちに私たちの舞台が届くことを願い、微力ながら支援公演を実施することにいたしました。

 地道に息の長い被災者の共感を得るような支援活動をして行きたいと考えておりますので、関係各位のご理解とご協力をいただきますよう、宜しくお願い申し上げます。


活動支援のお願い(お問合せ)
みなさまへ

<東日本大震災 子どもたちに舞台芸術を届ける活動支援金のお願い>
私たち「子どものための舞台芸術創造団体の会」は、 明日のことや将来の夢へ希望を語れない被災した子どもに私たちの舞台芸術を届けることで、 子どもたちの心のケアになることを願い、微力ながらではありますが支援活動に取り組んでいきたいと考えております。

つきましては趣旨をご理解いただき、活動の為の支援金にご協力の程よろしくお願い申し上げます。

<東日本大震災支援金振込み先>
郵便振替口座 00100 – 5 – 457154
子どものための舞台芸術創造団体の会

また、当団体の活動にご賛同・ご協賛いただける方は、下記よりお問い合わせください。
〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-12-30 芸能花伝舎2-4
日本児童・青少年演劇劇団協同組合(児演協)内
子どものための舞台芸術創造団体の会
【連絡先】
電話番号
▼東日本大震災子ども舞台芸術支援対策室
 03-3349-4744 ( FAX : 03-3349-4744 )
▼児演協
 03-5909-3064 ( FAX : 03-5909-3065 )
メール

 

.Copyright © 2011 pfc2011 All Rights Reserved.